ハロプロ楽曲大賞'18

毎年この時期恒例「ハロプロ楽曲大賞」に今年も参加させていただきました。

今年は投稿時に予想外の事態があって(後述)ちょっと慌てたりもしたのですが、私の投票内容を以下に記載します。

(※12月11日付更新になっていますが、投票内容は17日に追加しました)

 

楽曲部門

低温火傷つばきファクトリー


つばきファクトリー『低温火傷』(Camellia Factory [Low-Temperature Burn])(Promotion Edit)

2.5

メロディと歌詞のマッチングに巧みさを感じた曲です。サビの冒頭4小節はメロディの下降を活かしたフレーズで、かつ歌詞の最後が「胸中」「遅すぎる」と、口がすぼまるウ段の音のため「閉じた感じ」で終わっています。それが、続く4小節の、口が大きく開くエ段・オ段(2番ではア段)の音を多用し、メロディも上昇が印象的なフレーズの「抑えられない感情」のイメージをより引き立てていると思います。
また、Bメロでの「手だな」「たら」の押韻も、メロディとあいまって耳に残るところです。
キラキラしたシンセやピアノが目立つサウンドは冬のイルミネーションや雪の透明感を連想させますが、その中でギターの音が主人公の「揺れる感情」を象徴するようにも感じられ、ハーモニクスやボディヒットを駆使したアコギ演奏にエディットを加えた間奏や、ラストに残るエレキの音が効果的に響きます。
メロディや歌詞、サウンドが作る世界の強固さが魅力的です。

『Uraha=Lover』アンジュルム


アンジュルム『Uraha=Lover』(ANGERME[Uraha=Lover])(Promotion Edit)

2.0

浮遊感のあるピアノにボーカルが乗り、エッジの立ったサウンドでリズムを牽引するようなギターが加わる曲の冒頭からもうたまりません。メンバーひとりひとりの声質や、ユニゾンしたときの力強さを存分に感じさせてくれるのもこの曲の大きな魅力。そのメンバーの声に彩りを添えるようなリヴァーブや、ヴォコーダーの使用も実に効果的だと思います。
サビの終盤でルートが上昇して盛り上がっていくコード進行が使われているのも好きな部分で、最後のサビのリフレインではその進行がダメ押しのように繰り返されるのも気持ちいいところ。
そして私がこの曲でなにより好きなのがギターソロです。アーミングやライトハンド奏法まで盛り込んで、若干やりすぎ感すらあるギターソロは、ギターのトーンも含めてとにかく好き。しかもギターソロだけが目立つことなく、曲を構成する要素として構築されているのが素晴らしいところだと思います。

『I Need You ~夜空の観覧車~』つばきファクトリー


つばきファクトリー『I Need You ~夜空の観覧車~』(I Need You ~The Ferris Wheel in the Night Sky~)(Promotion Edit)

2.0

8分を刻むピアノに4つ打ちのキック、ベース、U2風のギターが加わり淡々とした感じで幕を開けるサウンドが、スッと曲の世界へと誘ってくれます。歌詞も同様に、情景や行動の淡々とした描写の中に主人公の感情が覗くAメロからはっきり感情を歌うサビへと、自然に誘っていく感じ。
Aメロでのボーカルのエフェクト処理は、そんな主人公の地に足の付かない感覚を表現しているように感じられます。その一方で、恋の始まりへの期待と幸福感の中にある緊張や戸惑いを象徴するかのように間奏で転調するのもよいではないですか。
繰り返される「I need you…」を「世界中」で受ける押韻も気持ちよいところ。サビのメロディの6度の音の使用も耳に残ります。
なにより、最後のサビの9人の「I need you…」が、メンバーひとりひとりの立ち位置を感じさせるような左右に振られたミックスになっているのが、この曲の大きな魅力だと思ってます。 

『Y字路の途中』モーニング娘。'18


モーニング娘。'18『Y字路の途中』(Morning Musume。'18 [In the middle of the forked road.])(MV)

2.0

曲の冒頭で左右に飛び交う時計の音。それ以外にも左右に動く音が曲の随所で使われ、ふたつに分かれた道を前にした「選択の時間」という曲のモチーフを強調するよう。そして2番のAメロではメンバーふたりずつのボーカルが左右に振られて「Y字」に並んだメンバーの姿が目に浮かぶようなミックスになっているところにやられました。
個人的には、ここまで具体的に「卒業と就職」を歌うよりは、もうちょっと抽象度の高い歌詞のほうが好みではあります。でも、1番では「探し続けてる」と、自分の外に求めるものだった「光」が、2番では「輝ける自分」と、自分が放つものになっていく変化、そしてそれを喩えるように「ライトをつけて」というフレーズが織り込まれているところに感情を刺激されました。 
1番の「なかったはずの」「悩みの数が」の「な」で頭韻し「azu」で脚韻しているのも好きな部分です。

『言葉の水を濾過したい』カレッジ・コスモス


カレッジ・コスモス『言葉の水を濾過したい』(College Cosmos[“I Want to Filter the Water of Words.”])(MV)

1.5

SNSの普及により、誰もが容易に自分の言葉を世界に向けて放てるようになった現在。その中で、言葉が“負の力”を持つことを自覚した上で、誰かやなにかの基準によってフィルタリングされるのではなく、自らの意志で言葉を「濾過したい」と決意を謳う歌詞が刺さりました。
音程がオクターブ飛ぶメロディや、高音でのファルセットの使用によって、耳に残るポイントを作っているところはうまさを感じるところです。Aメロでのリズムパターンの流れるような変化や、サビでベースがオクターブ動くフレーズも好きな部分です。
おそらくギター以外は生のサウンドではないと思いますが、ピアノやドラムのアコースティック感がありつつも重くなりすぎない音色選びも曲の心地よさを生んでいると思います。

MV部門

『これからだ!』こぶしファクトリー


こぶしファクトリー『これからだ!』(Magnolia Factory[Starts from now!])(Promotion Edit)

3.0

「挫折と再スタート」をドラマ仕立てで見せる内容ですが、メンバーが演じる5人それぞれのストーリーを感じさせつつ語り過ぎない余白の残し方が絶妙だと思います。和田桜子さんが演じるキャラクターが絵画コンクールで選外となった作品のタイトルが『過去』というところが「いま、描くべきは『過去』ではないだろう?」というメッセージを感じて個人的にはもっとも胸に迫った部分でした。それぞれに再スタートを切った5人の変化を、表情やシチュエーションだけでなく、照明などを変えることで画でも表現しているところも見事。また、すべてをドラマ仕立てにはせず、こぶしファクトリーが歌い踊る姿を見せてくれているところも気に入った部分です。

 

『 I Need You ~夜空の観覧車~』つばきファクトリー

2.0

全体的に被写界深度が浅く、メンバーの顔にピントが合って背景は大きくボケた映像となっていますが、転調する間奏ではピントがずれて画面の中心も顔から外れていくところが、まっすぐに顔を見られない「あなた」の戸惑いや緊張を表しているようでもあり、始まったばかりの恋愛の中にある不安を象徴しているようにも感じられるところが気に入っています。また、観覧車の実際は時刻が表示されている部分に「CAMELLIA FACTORY」と文字を入れている細やかな技も個人的にすごく好きなところです。


『Y字路の途中』モーニング娘。'18

1.0

おそらく、コンサート会場で開演前に撮影されたと思われる、コンサートセットでのメンバーのパフォーマンスを映したシンプルなミュージックビデオではありますが、この曲が歌われるところを観たことがなかった私にとっては嬉しいミュージックビデオでした。シンプルな中、エフェクトの掛かった手書きの歌詞が画面に重なるところなど、限られた条件の中で少しでも魅力的な映像を作ろうという工夫を感じたのも印象に残った理由のひとつです。飯窪春菜さんの娘。卒業にあたっての、プレゼントのようなミュージックビデオだと思っています。


推しメン部門

保田圭(ex.モーニング娘。


今年はご出産という大きな出来事があった保田さん。そんな年に久々に大きな会場のステージで歌い踊る姿を見せてくれたのは嬉しいことでした。いろいろな変化があった1年だったと思いますが、私にとっては変わらない保田さんの芯のようなものを感じられた年でもありました。

 

感想みたいなもの

私の投票内容は以上です。

さて、冒頭に書いた「予想外の事態」がなにかと言いますと。

私は毎年投票コメントはあらかじめ書いておいたものを投票の際にコピー・ペーストして記入しているのですが、今回いつものように記入したところ、楽曲部門で数曲コメントが文字数オーバーとなりました(笑)。

この時点で投票締め切りまで1時間を切っていたため、けっこう焦りながらコメントを書き直しました。基本的には少し表現や表記を変えることで内容を大きく変えることなく文字数調整できたのですが、『低温火傷』に関しては制限400文字のところ500文字以上書いていたため、もともと書いておいた内容を一部カットせざるを得ませんでした。

そのため、急に燃え上がるのではなく気づかぬ内にジワジワと進んでいた恋心を「低温火傷」に喩えた秀逸さと、1番Aメロの「氷のビル街 溶かしそうなくらい」の脚韻の気持ちよさに触れられなかったのは残念です。

来年はちゃんと文字数カウントしておきまーす。

 

今回は楽曲部門に関してはあまり悩まなかったです。つばきを2曲選ぶのはどうかと若干考えたりはしたのですが、そこは素直に気に入った曲を選ぼうということでこの結果に。

ほかには、娘。'17『もう 我慢できないわ ~Love ice cream~』、娘。20th『タネはツバサ (Wings of the Seed)』、アンジュルム『泣けないぜ…共感詐欺』『君だけじゃないさ...friends (2018 アコースティック Ver.)』、こぶしファクトリー『明日テンキになあれ』『ナセバナル』、つばきファクトリー『純情cm(センチメートル)』なども候補として考えた曲です。

MV部門は『これからだ!』『I Need You ~夜空の観覧車~』の2曲は迷わずに。こぶしファクトリー『ナセバナル』もひじょうに好きなので迷いましたが、あと1曲は曲のパフォーマンスがメインとなったものを選びたいという気持ちがあり、上記の3曲となりました。

アンジュルム『Uraha=Lover』を入れるかどうか最後まで考えたのですが、娘。'18『Y字路の途中』の曲の思い入れの部分がまさった感じです。

推しメン部門は、ほかの名前を書く理由がまったく見つからないので。

 

今回も最終的な結果やほかのみなさんのコメントを読むことを楽しみにしています。